霊園墓地の大塚トップ >  お墓の知識 | お墓に刻む文字

お墓に刻む文字

お墓に刻む文字の書体には、楷書体、隷書体、行書体、草書体がありますが、永久に残るものですので、わかりやすい楷書体が使われる場合が多いようです。また、旧字が使われることもあります。
昔の単独墓の場合は、個々の戒名や本名を墓石の正面に刻んでいましたが、近年ではほとんどが合祀墓のため、和型墓碑なら「○○家之墓」、洋型墓碑なら「○○家」と家名を彫刻するのが一般的です。

楷書体 隷書体 行書体 草書体
楷書体
隷書体
行書体
草書体
石塔に文字を刻む

○○家供養塔、戒名霊位、○○家之墓、○○家先祖代々之墓、○○之墓、先祖代々之墓、○○家霊位、その他では無・夢・静・寂・和・愛・浄・憩・眠・空・土に帰る・自作の誌句などがあります。(家紋、建立年月、施主なども刻みます。)

宗門の石塔に刻む梵字の相違(例)

五輪塔は仏塔の元祖で、供養塔とも言われ、お塔婆は五輪塔を表しています。五輪塔はどの宗派のお墓でも建てられており、基本は下方より方形・球形・三角形・半球形・団形の五つの石を積み上げ、それぞれがこの世の五大元素である「地・水・火・風・空」五大を表すとされています。
塔身部分に彫る梵字は宗派によって違いがあります。
(キャ)空(キャ)空、(カ)風(カ)風、(ラ)火(ラ)火、(バ)水(バ)水、(ア)地(ア)地
このうち代表梵字、あるいは、四面梵字を彫るものが多く見られます。






 真言宗大日如来の"ア"ア
 天台宗阿弥陀如来"キリーク"キリークまたは"ア"ア
 曹洞宗釈迦牟尼佛の"ハク"または空
 臨済宗釈迦牟尼佛の"ハク"ハクまたは空空
 浄土宗阿弥陀仏の"キリーク"キリーク
 浄土真宗阿弥陀仏の"キリーク"キリーク
 日蓮宗妙法または南無妙法蓮華経
 日本神道家紋
(石塔に"ア"アを彫り、五輪塔の意とする)
梵字を石塔竿石正面に彫る、或いは経文を刻むときはお寺様に相談いたしましょう。

地震に強い特許のお墓

特集:正しいお墓のクリーニング

日本石材産業協会/全優石(認定 全国有料石材店)/全優石(埼玉支部)

  • お墓相談員
  • お墓ディレクター
    (1,2級)認定